空き家について2〜 空き家の実態

空き家数と、今後

やっぱり売却がいいの?

■売却のメリット

・お金が即入る

・親族間の問題など気分的にスッキリできる etc..

けれど、壊して売却してしまうと・・・・空き家問題にも拍車がかかり「負の循環」がおきます

なぜ、壊しちゃうの?

アメリカやイギリスでは、すでに新築より中古の取引が多い

取り壊された住宅が「平均で何年使われたか?」

 アメリカ67年、イギリス81年。日本たった27

どうしてなのか?

日本人は新築好きなのか?

新しいものが好きという価値観や、文化風習的な要素もあることは確かですが、1番の原因は「新築ばかり優遇される仕組み」にあります。

例えば、住宅ローンの減税が昼行だと条件付きで受け難いなどがあります。

住宅ローン減税制度の適用: 新築79.3%  中古55.0% 

しかし、今この仕組みも見直され始めています!

 

 

空き家が活用されない本当の理由とは?  

「 採算が合わない?!」

空き家の多くのオーナー様に見られることは、多忙などの理由から

「必要に迫られなければ、困らなければ、売らないし売る動きもしない」ことが多く、これが日本の空き家の実態です。

けれど、

壊してしまうのは「もったいない」と思っているのが本音

・使えることなら、使いたい。

・出来ることなら、壊したくない。

・売却しなくて済むなら、売りたくない

・せっかくなら、残したい

・どうにか利用したい

・けれど、経済的負担になるのはいやだ

つまり、思い出が詰まった家ですから、本当は利用したいと考えている方が多くいます。

 

しかし、賃貸物件とすると

・採算が合わない

・借り手がつかない

などの問題が出てきます。

売りたくはないけれども、今の暮らしに負担をかけたり、経済的な負担を背負うわけにはいかない! 

 

ならば、

「採算が合う」方法を考えればいい!と、私たちは考えています。

 

 

 

→空き家について3〜「空き家活用のご提案」へつづく

 

お問い合わせ TEL 03-3461-0012 9:00-18:00(日・祝日除く)

PAGETOP

このシェアハウスの初期費用

合計 57430円+家賃×1.5

 

デポジット 30,000円
共益費 15,000円
家財保険 12,430円

家賃保証会社 必須
家賃の半額

初期費用例
家賃50000円の場合の初期費用は132,430円

共益費は電気・水道・ガス・消耗品・Wi-Fi使用料が含まれています)
家財保険は2年契約
家賃保証は次年から10,000円/年
最低入居期間は6ヶ月です。
期間内に退去の場合違約金が発生します。