「平成29 年度 先駆的空き家対策モデル事業」事業成果報告会にて、下記の資料を提出致しました。

事業名:高齢者共同居住型住宅の保護犬(猫)共生型で相互みまもり

事業主体名:HOUSE-ZOO株式会社(現 オンコ株式会社)

連 携 先:神奈川県相模原市

対象地域:神奈川県相模原市

事業の特徴:
空き家オーナー予備軍へ空き家活用の周知・啓発活動を関連企業連携で行うことで、一貫したフォロー体制が構築できる。
保護犬(猫)と暮らすシニアシェアハウスの活用で、保護犬(猫)と入居シニアの相互みまもりを得られ、独居老人対策や犬や猫の殺処分ゼロ活動など、社会問題を解決にもつながる、先駆的な空き家活用事例となる。

公表予定の成果物:
空き家オーナー予備軍へ、空き家活用事例の周知・啓発活動を関連企業が連携して行うスキームの構築
「保護猫ルーム付きシニアシェアハウス」運営スキームの構築

1.事業の目的

(1)空き家オーナー予備軍へ空き家活用の周知啓発  既に空き家となっているオーナーに接触することは、所有者と連絡が取れない、活用方針が定まるまで時間を要するなど、ハードルが高いので、空き家予備軍の方々へ空き家利活用の周知・啓発を行い、空き家になると同時に行動するよう促す取組みを検討する。 また、関連企業・団体との連携を構築し、空き家オーナー予備軍へ共同提案を行う体制を検討する。

(2)立地条件が良くない、大きな家の有効活用  不動産会社の聞き取りから、最近は、核家族化が進み、大きな家を求める人が少なく、さらに、最寄り駅までの距離が離れている物件であれば、なお需要が少ないとのこと。このような条件でも需要が見込める利活用方法が必要である。
また、動物を飼育している人にとって、市街地や住宅密集地より、郊外の方が、動物と暮らしやすく、また毎日の犬の散歩コースに適した環境であり、また、複数人で暮らすシェアハウスは、大きな家である方が効率良いとの理由から、ペット共生シェアハウスとしての利活用をモデル化する。

(3)社会的意義のある空き家の活用  シェアハウスの利用者となる独居老人は、ペットを飼育したいが、最期まで飼育出来るか不安なために、飼育を諦めている人が多い。また、動物と暮らすことで、生きがい生まれ、生活に張り合いが生じると言われており、安心して動物と暮らせる住環境が求められている。
また、動物の殺処分を無くすために取り組んでいる保護犬(猫)団体にとって、里親がすぐに見つからないこと、保護するスペースが限られていることなどの問題もあり、この動物たちと共に暮らせる環境が求められている。
これらの問題を解決できる、「保護犬(猫)と暮らすシニア(多世代型)シェアハウス」は社会的意義のある空き家の活用である。

2.事業の内容

(1)空き家オーナー予備軍へ空き家活用の周知啓発 空き家オーナー予備軍に対する、空き家活用の周知・啓発に繋がるホームページを作成する。 また、空き家をシェアハウスにて利活用する提案を、不動産・工務店・運営会社が連携し、空き家オーナーに一貫したフォローができるよう体制を構築する。

(2)「保護猫ルーム付きシニア(多世代型)シェアハウス」による空き家活用 シェアハウスオープン時、運営時のスキームを構築する。

(3)保護猫ルーム付き多世代型シェアハウスの事例
住  所 :神奈川県相模原市中央区淵野辺本町
立地条件 :JR横浜線 淵野辺駅から、1,500m 徒歩17分
建物情報 :昭和58年築、木造2階建て、
延床面積:86.1㎡、4DK
リフォーム :猫専用の部屋1部屋、入居者用3部屋
現入居者:女性2名(20代、40代)
保 護 猫 :相模原市「開放型保護猫シェルター たんぽぽの里」より5匹の猫が移住

(4)連携団体及び主な役割  相模原市役所 建築・住まい政策課(空き家活用取組み周知)  相模原市役所 生活衛生課(動物取扱業に関する助言)  相模原市役所 中央高齢者相談課(要介護認定に関する助言)  神奈川県居住支援協議会 かながわあんしん賃貸住宅に高齢者住宅として登録

3.事業の成果(事後評価)
*関連企業との連携パンフレット・パートナー契約書(作成中)
*シェアハウス管理会社・空き家オーナーとの「定期マスターリース契約書(案)」
*シェアハウス管理会社・入居者との「定期住宅賃貸借契約書(案)」
*ペット共生シェアハウス ハウスルールブック

4.今後の課題
若い年代の需要もあり、多世代型シェアハウスとしての活用が有効だとわかりました。 電話による実態調査は、不信感を招き、調査データが取れず実施目標を達成できませんでした。