「ペット可」「ペット共生」って?

今までは、ペット不可の賃貸物件だったが、空室対策や付加価値を付けるなどで、ペットと暮らせる物件に変更したものを「ペット可物件」と、私たちは言っています。
ペットを飼う人と飼わない人の両方が住んでいる可能性が高いです。
ペット共生とは、ペットを飼う人だけが住む住宅、もしくは、飼いたいけれど何らかの事情で飼えなく、ペットがいる環境で暮らしたい人が住んでいる物件のことを言っています。
ペットを飼う人にとって、飼わない人への気遣いをしなくてはならない「ペット可」に比べ、気兼ねなく暮らせる家が「ペット共生」住宅です。

 

ペットが居ると、建物が傷む、ニオイがつく、近隣トラブルが多いなどの理由でペット可にすることを拒んでいたオーナーが多いのですが、ペット共生住宅に住んでいる方々は、マナーを徹底して守る傾向が高く、逆にペットトラブルがなく、建物も傷みにくい、空室率の低下にも繋がるというメリットがあります。
皆さんにも「ペット可」「ペット共生」の言葉の使い分けをして頂けたらと思います。

 

ご相談、お問い合わせはこちらから