ペットと一緒の一人暮らしで気を付けるべきこと

 

マイナビ賃貸「住まいと暮らしのコラム」にペットと飼い主が幸せに過ごすために・・・一人暮らし向け物件で気を付けたいこと。との記事がありましたので、要約してみました。

 

運動不足に対して
犬は、外に連れ出しての散歩が必要
猫は、気にしなくて良いが、縦方向に動けるキャットタワーの設置

 

留守中に事故が起きないように
特に犬は、誤食に注意。蓋つきのゴミ箱で固定することや、キッチンスペースに入らないよう柵を付けて区切ること。
また、浴槽へ誤って落ちないよう、浴室の扉を閉めること。
留守中の室温管理にも気を付ける。

 

遊んであげることは?
猫は、それ程かまわなくても平気
犬はしっかり遊んであげる方が良い。
できれば犬は二頭いると、お互いが飼い主の留守中の遊び相手になるので、ご自身の経済面などを鑑みて検討しては。

 

これからペットと暮らそうと考えている方へ
もともと犬は、群れで生活する動物。
かたや猫は単独行動をする動物なので、一人になっても意外とストレスが少ない。
そういう意味では、長い時間留守にしがちな一人暮らしの方とは、猫の方が一緒に暮らしやすい。

 

ペットが病気になった時のことも考えて
ペットは飼い主の休日に合わせて病気になるわけではないので、犬と猫どちらを選ぶとしても、自分の生活スタイルをしっかり振り返ることが大切。

 

“もしもの時”のこと
誰もいない家に帰るより、喜んで迎えてくれるペットが待つ家の方が癒やされるなど、ペットとの暮らしにはたくさんのメリットがあります。
様々なことを考慮し、『覚悟』してから、ペットとの暮らしをスタートさせて下さい

 

一人暮らしの生活に、大きな癒やしや彩りを与えてくれるペット。物件探しや費用のことなど、一人で迎え入れるからこそ考えなければいけないことが多いのは事実ですが、ペットとの暮らしには何ものにも代えがたい幸せがあります。

 

ご相談、お問い合わせはこちらから