HOUSE-ZOO BLOG

HOUSE-ZOOのルール② ペットについて

ペットに関するルールをご紹介します!

申請について

・ペット飼育申請書に従って、申請を行ってください。許可書を発行しますので、賃貸借契約期間中は大切に保管して下さい。

・入居中に、飼育ペットを増やしたい場合も再度申請が必要です。

・猫は2匹、犬は1匹まで飼育可能。小動物は応相談。(2匹目は共益費5,000円/月が加算されます)
※HOUSE-ZOO蒲生は多頭飼い不可です。

・犬の場合、大型犬の飼育はNGとなります(基本的に小型犬のみ)。その他、小動物、飼育希望の際は要相談ください。

 

全般

・ペットの事故、トラブルは各飼い主の責任です。管理・運営会社は責任を負いませんので注意して下さい。

・ペットの誤食などのトラブルを未然に防ぐ為に、不要なものを出しっぱなしにしないで下さい。

 

LDK

・犬や猫の入室はOKですが、必ず飼い主同行です。

・小動物は自室飼育のみとなり、共有スペースへの入室はご遠慮ください。

・ペットにドライヤーをかけたり、リビングで手入れすることは禁止です。自室やペットバスのある場所でお願いします。

・ペットトイレやペットシーツを置かないでください。粗相の可能性がある際は、おしっこオムツを装着してください。

・猫は、キッチン周りに上がり事故が起きる可能性がありますので、飼い主が抱いて入室するようにして下さい。

 

屋上・パティオ

・ペットOKです。施設は、居住している動物のみ使用可能です。

 

ペットシンク

・ペットのシャンプーやペットグッズの洗浄、清掃用具の洗浄に使います。ペットグッズを浴室やシャワー室・洗面台で洗うのはNGです。

 

鳴き声

・犬の鳴き声は近隣のトラブルの元となります。無駄吠えしないよう、また、犬だけを自室に残して出かけても大丈夫なしつけをして下さい。

・無駄吠えがひどい場合はしつけ教室に行って頂きます。対応されない場合はルール違反時に準じます。

 

予防接種等の提出

・犬の場合:犬鑑札、狂犬病予防注射証明書、混合ワクチン接種証明書(すべて写し)

・猫の場合:混合ワクチン接種証明書の写し

・証明書は毎年提出です。

 

健康面等

・避妊措置については強制するものではありませんが、管理・運営会社は望まぬ妊娠等の責任を負いませんので、ご留意下さい。ペットに赤ちゃんが生まれた場合であっても、多頭NGに抵触する場合はハウスでは飼えません。

 

猫の飼育について

・屋外での放し飼いは、衛生面、近所迷惑、事故などの理由から禁止致します。

 

→HOUSE-ZOOルール①「生活全般について」へ

一覧へ戻る